グリンピース(揚げ豆)

グリンピース(揚げ豆)と同等のカロリーやダイエット関連各栄養素を含む他の食品
100gで423kcalの食品
[04014]グリンピース(揚げ豆)
[10250]ぼら・からすみ
[13037]チェダーチーズ
[15111]バタースコッチ
100g中タンパク質を20.8g含む食品
[04014]グリンピース(揚げ豆)
[04064]つるあずき・全粒・乾
[10282]あさり・つくだ煮
[11059]乳用肥育牛肉・ヒレ・赤肉・生
100g中食物繊維を19.6g含む食品
[04014]グリンピース(揚げ豆)
[04070]らいまめ・全粒・乾
100g中B1を0.52mg含む食品
[04014]グリンピース(揚げ豆)
[04073]レンズまめ・全粒・乾
[17079]パプリカ・粉
100g中B2を0.16mg含む食品
[04014]グリンピース(揚げ豆)
[04058]繊維状大豆たんぱく
[04070]らいまめ・全粒・乾
[05021]すいか・いり・味付け
[06003]あさつき・葉・生
100g中B6を0.17mg含む食品
[04014]グリンピース(揚げ豆)
[04049]寺納豆
[05007]かや・いり
[05032]まつ・生
[06124]そらまめ・未熟豆・生
グリンピース(揚げ豆)』で目立つ上位5栄養素と作用
  • 1位食物繊維水溶性は食物の移送速度を遅らせ、糖や脂質の吸収を抑えます。不溶性は腸の蠕動運動を促します。いずれも善玉細菌の栄養源となり、大腸癌を予防する働きがあることで知られます。
  • 2位骨髄でのヘモグロビン合成や鉄の吸収を促進させます。また、アドレナリンなど、カテコールアミン代謝酵素の構成要素として知られます。
  • 3位リンカルシウムやマグネシウムと共に骨の重要な構成物質となり、生体エネルギー代謝にも関与します。また、血中のリン酸塩は酸やアルカリを中和し、糖質代謝をスムーズにします。
  • 4位n-3系脂肪酸生活習慣病予防・認知機能改善に有用。
  • 5位ビタミンB1糖質や分岐鎖アミノ酸の代謝において重要な補酵素としての役割を担っています。また摂取した糖質量に比例して必要量が増加します。不足すると疲労物質が溜まり、疲労感が増大します。
「グリンピース(揚げ豆)」のカロリー
gに対するカロリー一覧表 カロリーに対するg一覧表
300gで1269kcal 150gで635kcal 300kcalで15000g 150kcalで7500g
100gで423kcal 75gで317kcal 100kcalで5000g 75kcalで3750g
50gで212kcal 25gで106kcal 50kcalで2500g 25kcalで1250g
7gで30kcal 3gで13kcal 7kcalで350g 3kcalで150g